薄毛予防に大切なこと

 

薄毛の原因には、「遺伝によるもの」や「男性ホルモンの影響によるもの」や「食事や生活習慣によるもの」や「精神的ストレスによるもの」があるそうです。

遺伝による薄毛は、母型の方の影響を受ける確率が高いそうです。例えば母親の祖父がはげていたとかです。

薄毛予防には

  • 生活習慣を見直す(就寝時間、睡眠時間、運動、洗髪、お酒、たばこなど)
  • 食生活をに直す
  • ストレス
  • 育毛剤の使用
  • クリニックに行く

毎日のケアが大切ですので、途中でやめてしまわない様に続けて行くことが大切だと思います。

 

対策1 髪の毛の手入れ

頭皮をマッサージすることで頭皮の血行が良くなり髪の毛の成長を助ける効果があるそうです。それと髪の毛と頭皮を清潔に保つ為に、毎日のシャンプーをした方がいいみたいです。

シャンプーしながらの頭皮マッサージはすごく良いみたいです。ただ洗い過ぎても必要な皮脂が洗い流されてしまいますので注意した方がいい様です。

薄毛になる可能性は、年齢や性別に関係なくあるそうで、若い内から気を付けて予防・対策をしたほうがいいみたいです。

 

対策2 睡眠

髪の毛がもっとも成長する午後10時~午後2時は、しっかりと睡眠をとることが髪の薄毛予防には大切だそうです。

 

対策3 食生活

人の体は、さまざまな栄養分を取り入れることにより体の機能を保っていますので、絶食とか偏食ダイエットをしていると、体にももちろん髪の毛や頭皮にも必要な栄養分が摂取できないようです。バランスのとれた食事をすることだそうです。

 

対策4 ストレス

人は、アミノ酸が不足するとストレスが溜まりやすいそうです。なのでお茶を飲む様にした方がいいみたいです。お茶の中にはアミノ酸が含まれていて、飲むことで心も体もリラックスできるそうです。

ストレス解消・発散に良く効く方法として、カラオケ、睡眠、入浴、食事、買い物に行くなど実践してみるといいみたいです。

 

対策4 たばこ

たばこに含まれているニコチンには、血管を収縮させてしまう働きがあるようで、血液の流れが悪くなり栄養も身体全体に運ばれなくなり、薄毛の原因になる様です。たばこを吸う方は、ミノキシジル成分の入った育毛剤がオススメだそうです。

 

対策5 新陳代謝を良くする

発毛を促す為にも効果的な方法として、ストレッチをして身体を動かしたり、サウナを利用するなどして、血管を広げて血行を良くすることが良いみたいです。発毛効果にも効果的だそうです。

 

対策6 育毛剤と発毛剤の知識

育毛剤は、いま生えている毛髪の抜け毛の防止や予防を行い、成長を促すものだそうです。育毛剤では、新たに髪の毛が生える効果はないようです。

発毛剤は、毛母細胞の働きを良くして、新たに毛髪がはえる手助けをするものだそうです。発毛剤では、脱毛予防の効果はないようです。